日記

2022-12-29 21:18:00

2022年の終わりに

10000件を超える出動と、300名近くの送り人…

これが41年半戦った救急救命士の実績です。

悲しみ、苦しみ、嘆き、罵声、汚物、見えない細菌やウイルスの恐怖と戦い

簡単な仕事では無かったけど、思い返せば「極めたな!」と自画自讃(^^ゞ

自分にとっては天性で、やっとなんでも分かってきたところで現場出動が終わった。

思い返せば、この手をどれだけ伸ばしても、救えなかった命があった…

悔しくて、情けなくて、手当たり次第いろんなトレーニングやセミナーを受講した!

がむしゃらになって、全国を駆け回り、インストラクターとなり救命の技術も広めた。

しかし、この手が救えたのはほんの十数人だったと記憶する…

多くの命がこの手の中で消え、救えず見送り、数え切れないほどの涙を目の当たりにしてきた。

その度に、自分を奮い立たせ、鳴り止まない救急コールに出動し、まさに不眠不休で戦った。

経験したことのない人には分からない疲労が全身を襲う…

それでも、救急救命士の仕事が好きで、珈琲をがぶ飲みして走った。

 

私は、来年の3月31日で定年退職です。

次は、私の手は癒やしとなり、CocoChiで皆様とお会いします。

苦しいとき、辛いとき、本当に必要なのはエナジードリンクではなくリラクゼーションです!

 

2022年が終わりを迎えようとしている。

私は、精一杯戦いましたがあと3ヶ月で天性と思える職を辞します。

救えなかった方々に合掌

皆さん、よいお年をお迎えください。

mat-napo-ejWJ3a92FEs-unsplash.jpg

そして、世界が平和でありますように…