日記

2022-12-09 20:31:00

バイク

バイクを走らせながら

何を考えるか..

 

音楽もナビも煙草もジュースもなく

ただエンジンの化け物に跨り

駆け抜けるコーナーを楽しみ

エンジンのサウンドと

通り抜ける風だけ。

 

このまま道が続く限り

どこまでもいけちゃうって

そんな想い??

でも、それは車でも同じ事..

 

僕は10代の青春の頃

バイクを知った。

そして色んな恋をした

もちろん失恋もした(^^ゞ

友人と将来の夢を語らい

旅先で出会ったライダーと

飲めない酒をあおって

海岸で駄弁った

次の街に行くたびに

また違う女性との出会いがあるんじゃないか..

そして、僕の思い描く仕事や愛する人や将来があるんじゃないかって

そう思っていた。

 

その頃の思い出が

あの時の感覚が、思い出そうと意識しなくても

バイクで走る度に、今も鮮やかに蘇る。

立場や仕事の忙しさ、いい年してって..現実に縛られ

共に歩むと思った人は振り向こうともせずもう存在しない。

子供も社会へ飛び立ち

語り合った親友とも死別した

僕はただ一人、回想の世界をぶっ飛ばす!

 

アラン・ドロンの映画

「あの胸にもう一度」を観た

1968年の映画だけど

今、なぜか共感できる..!

僕はいったい何処へ向かって走っているんだろうか...

IMG_6534.jpg